引越し一週間前に予約

引越し一週間前に予約だと断られることも

 

引越しする一週間前に予約の連絡をすると引越し業者に断られることもあります。

  1. トラックの数
  2. 作業員の人数

 

以上の2つが引越し業者としても数が限られるので、いきなりの連絡ですと断られる業者もでてくるのです。
また、時期などにもよって異なります。

 

1月から3月の繁忙期であれば断られることも非常に多いです。
引っ越す人が多いのでトラックの手配をすることができません。

 

6月、7月、8月、9月の引越しが安くなるねらい目の時期であれば1週間前でも予約を引き受けてくれることも多いのですが、確実ではありません。
そのため、複数の業者に連絡をするようにしましょう。

 

確実に引越し業者を見つけるなら

 

確実に引越し業者を見つけるのであれば、複数の業者に見積もりをする必要があります。
ただ、何社もの連絡先を調べて電話するのには手間がかかります。

 

そんなときに役立つのが引越し価格ガイドです。

 

1度入力した住所や荷物の量などの情報を10社までに依頼することができます。
5社に見積もり依頼をすれば確実に予約をすることができる業者を見つけることができるのです。

 

たとえ繁忙期でも・・・

 

引越し前日から1週間の間に予約をするのなら引越し価格ガイドから見積もりをすれば確実に見つけられます。

 

 

引越しが狙い目の時期

 

引越しが狙い目の時期としては6月から11月程度に行うといいです。
掘り出し物件も見つけやすいですし、引越し料金も安くなります。

 

ねらい目の時期であれば、初期費用が安い物件が非常に多いです。

 

繁忙期であれば敷金2ヶ月礼金2ヶ月は当たり前となるのですが、6月から11月の安い時期であれば敷金1ヶ月礼金0ヶ月と条件を下げることも多いです。
同じマンションなのに賃料が安い部屋がでてくるのも少なくはありません。

 

また、引越し業者としてもお客さんの量が少ないので、なんとしてでも引越しをする人をつかまえたいです。
そのため、割引金額の幅も非常に多く3万円4万円と下がるのも日常茶飯事です。

 

もちろん、複数業者に見積もりをして、引越し業者に割引してでもお客をつかみたいと思わさなければなりません。

 

そのため、Web見積もりが必要となるのですね。
安くなるねらい目の時期であれば価格は非常に安くなります。

 

  1. 物件の初期費用
  2. 引越し費用

 

この2つが値引きされるので合計金額で10万円、15万円と安くなることも多いです。
引越しをする時期に制限がないのであれば6月から11月の間に行うようにしましょう。

page top